あなたの歯の健康を保つための情報サイト

>

虫歯のメカニズムを知ろう

虫歯が作られるまで

学校で先生から「虫歯に気を付けよう」と言われた経験もあるでしょう。
ですが、そもそも虫歯とはどのように作られるのでしょうか?

虫歯のもとは簡単に言うと糖です。
糖を口の中に含むと、歯垢にあるミュータンス菌という虫歯菌が歯で酸を生み出します。
歯にはミネラルやカルシウムなどの栄養がありますが、酸が多くなってくるとそのような歯の栄養分が溶け始めます。
これが虫歯の始まりです。
つまり、歯が糖によって酸が産出される状態が続くことをミュータンス菌が好むということです。
例えば甘いものを頻繁に食べたり飲んだりする人は酸が歯の中にとどまる時間が長くなるため、より虫歯菌がすみつきやすい状態になっているのです。

普段から糖を多く含むものを口にする方は配分を考える必要があります。

虫歯の原因は多種多様!

虫歯の原因を思い浮かべてみると、歯磨きができていないことが真っ先に挙げられるかもしれませんが、それだけではありません。
虫歯になる理由は多岐にわたりますので、ポイントごとに解説していきます。

まずは先ほども述べたように、糖分を好む方は要注意です。
ミュータンス菌は糖を好む傾向があるので取りすぎないようにしましょう。

また口の中の唾液が少ない場合も虫歯の原因になる可能性があります。
唾液は歯で作られた酸を洗い流す効果があるため、唾液が少ないと菌を除去することができません。
よく噛んで食べるなどをして唾液の量を増やしておきましょう。

また詰め物が古くなっている人は年数が経って劣化し、そこから虫歯菌が入り込むことがあります。
詰め物を施しているのであれば、なるべく清潔なものを使うようにするのが重要です。

虫歯の原因を知ることで、より自分の歯を大事にしようとする意識が生まれるでしょう。


この記事をシェアする